2013年10月

2013年10月31日

50年前これは誰の見た風景?

(前回)からの続きです。

先日入手したキクKIKU16、購入直後に裏蓋を空けたらこうでした。
01古いフィルムあり
フィルムが入っていたのです。
これって、誰かが入れたまま忘れていたのか?
4〜50年間くらい放っておかれた勘定になります。
取合えず巻き取って保管していたのですが、
ものは試しで現像してみる事にしました。

そしたら、何か写っているようです。
02a乾燥中
10枚撮りのフィルムのうち、
最後の方は光に当たって潰れてしまい、7コマ分のみ確認できます。

これを、スキャンしてみました。
02bスキャン直後
残念ながら、こんな風に、ほとんど何も読み取れない感じです。
だいたい、いつ、誰が、どこで撮影したのかも分かりません。
読み解くにも何の手掛かりもない写真です。
 
でも、警視庁の鑑識官になったつもりでジーッと眺めていると、
何か見えてきたものがあります。
これらの写真が撮影された状況が、少しずつ想像できるような気がしてきました。
そのストーリーを念頭に、比較的ましな画像をデジタル処理して、
次の4枚の画像を救出しました。

私の描いたストーリーと共に紹介します。
国鉄仙石線の列車に乗って、石巻から仙台方面へ旅行中の少年とお爺さんの会話です。

03対岸に島影
坊:爺ちゃん、海の向こう側に陸地が見えるよ。ちいちゃな島もたくさんあるよ。
  写真を撮っておこうっと。
爺:この辺は松島と言ってな、日本三景にも数えられる名勝地なんだよ。

04煙草を吸う父
坊:今度は爺ちゃんを撮ってあげるよ。煙草を口にくわえたままでいてね。
(この頃は、電車の座席の前に「吸い殻入れ」が付いてましたね)

05自画像
爺:じゃあ、坊のことも撮ってあげよう。
  ほら撮れたぞ!窓の外の林も一緒に写っているぞ。
坊:でも、顔は逆光で黒くつぶれてるかも。
  それに、電車が動いているから、近くの風景は横に流れちゃうよ。

06松島
坊:また、景色が良く見えるよ。
  手前に道路があって、海の中に「にぎり寿司」のような島がいくつもあるね。
爺:おお!本当だ。道路(45号線)越しの景色が美しいなあ。
坊:ここも写真に撮ったよ。家に帰ったら写真屋さんに持って行くよ。
  きれいに撮れてるといいね。

と言いつつ、家に帰った少年は別の遊びに夢中になり、
キク16の事は完全に忘れてしまいました。
そして、それから50年の歳月が過ぎ、
他の家財道具と共に整理される運命になったキク16は、
撮影済みのフィルムが入ったまま裏蓋を開けられることもなく人手に渡り、
最終的には私の元にやってきました。

と、この推測は当たっているか外れているか、確かめようがありません。
でも、煙草を吸うお爺さんの写真、
この一枚だけは何故か比較的良い保存状態だったのです。
何か「ワシを見つけてくれ、そして家に帰してくれ」
というお爺さんの思いが伝わってくるような気がしました。
どなたか、これらの写真に思い当たる点がありましたら、
ご一報下さると嬉しいです。

話は変わりますが、先日、
「二番目の子が生まれた時、最初の子の様子がどう変化するか」が話題になり、
我家のその頃の写真を探していました。
そしたら、その中に「キク16」の後ろ姿が鮮明に写っていました。
07の811103の1

08の811103の2
この写真、約30年前の撮影です。
写真の主役は生まれたばかりの赤ちゃん(左の白抜き)なのですが、
今の私が注目するのはキク16(右の白抜き)です。
この写真の中に姿をとどめていたことは、これまで認識していなかったからです。
でも、我家の初代キク16は今は行方不明になっています。
捨てたのか、それともどこかに置き忘れたのか、まったく思い出せないのです。
ひょっとしたら、フィルムが入ったまま誰かの手に渡っているのかも知れません。

(終り)

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年10月29日

キクKIKU16の撮影と現像

前回)からの続きです。

製作したフィルムをキクKIKU16に装填しました。
そしてフィルムノブを巻上げると、
裏蓋の覗き窓に手書き数字の”1”が現れてきました。
01番号現る
現れて当然なのですが、なぜか緊張する瞬間です。
そして撮影開始です。
ピント合わせも、絞りやシャッタースピードの調節も不要です。
(というより、その機能が無いカメラです)

10枚撮り終わって自家現像です。
次の写真のように輪っか状にクリップで止めて、現像タンクに入れました。
(この写真は見本で、本物はダークバックの中で手探りでやりました)
02輪っかにして
乳剤面を外側にして、乳剤面が他の部分に触れないようにします。
後はタンク現像の普通の手順を踏みます。

処理が済んだフィルムをトイレに吊るしているところです。
03乾燥
何かしら写っているようです。でも、厳密に見ると、
フィルムの両サイドに光線漏れ跡のカブリがあったり、
撮影したコマが重なっていたりしています。

フィルム乾燥が済んだらスキャニングです。
普段はEPSONのスキャナーでこのように取込むのですが、
04スキャナ
今回はKenko社の「スライドデジコピア」という製品を使ってみました。
これはフィルム挟みと接写レンズが一体となった製品で、
交換レンズのようにデジカメに装着します。こんな姿です。
04デジコピア
この製品、本来はスライドのコピーを作るためのものです。

デジカメのファインダーを覗くと、こんな風に見えます。
05ネガの取込み
このままシャッターを切ります。

こうして得た画像データをPhotoshopで編集します。
手順はこうです。

1.画像の諧調の反転(ネガ→ポジ)で普通に見えるようにします
2.画像の切り出しと傾き補正
3.レベル補正で濃淡を適正にします
4.ゴミや傷跡のスポット修正
5.必要に応じて、粒状感の低減などを施します

これらが全部パソコン上でできるなんて、
昔の印画紙への焼付に比べると、本当に簡単になりました。

撮影事例として2枚選びました。

・大正製薬の女性社員らしき方がお昼を食べに行くところ?
06大正製薬昼休み

・神田川脇の小径
07神田川風景

今回の試写結果を踏まえて、ミゼットフィルムの製作図を修正しました。
グレーの部分がフィルムが貼られるところです。
08フィルム寸法修正値
注意点は、
・コマ間隔を広めに3mmとした
・裏紙の幅を規格値の17.5mmより気持ちコンマ1〜2ミリ広げた
・フィルムに対する裏紙の余長を若干大きくした
などです。

これで万全!
キクKIKU16も、ミゼットフィルムとともに、ほぼ完全復活です。

続く

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年10月28日

キクKIKU16用ミゼットフィルムの製作

前回)からの続きです。

先日再入手した「キク16」です。
01正面
これにフィルムを入れて撮影する事にしました。
本来は「ミゼットフィルム」と呼ばれる規格品を使うのですが、
もう50年間くらい製造も販売もされていません。
自分で作るしかありません。
間違いなく作れるように製作図を描きました。
寸法はトライアンドエラーで修正して行く予定です。
01設計図
手前がブローニーフィルムの裏紙です。
その上がミゼットフィルムの製作図とスプール(巻き取り軸)です。
かなり小さいですが、原理はブローニーと同じで、フィルムと裏紙からできています。

約16mm幅でフィルムを切り出す装置を作りました。
ジャンクで購入した135フィルム用のカメラを使いました。
下の写真のようにパトローネ室の脇にNTカッターの刃を仕込みました。
02カッター
電動ルーターで空けた溝に瞬間接着剤で固定しました。

押さえの圧板にも溝を切りました。
この溝に刃が食い込み、フィルムをきちんとカットするはずです。。
03圧板
次の写真のように予備の切り込みを入れたフィルムをセットして、
普通に巻上げ&巻き戻しをする予定でした。
04切り始め
カメラの裏蓋を閉じた後の作業は、明るい所でできるはずです。

しかし、実際にやってみるとカッターの刃の抵抗が大きく、
巻上げ軸に掛かるパーフォレーション穴が引き裂かれてしまいました。
それで、やむを得ずフィルムをセットしたカメラごとダークバックに入れて、
圧板で押さえつけながら、手でフィルムを引っ張りました。
ブラインド状態での作業ですからとても危険です。

製作図通りの長さにフィルムをカットするのも、ダークバックの中で行います。
次の写真のようなフィルム挟みを作り、
手探りでも正しい長さにカットできるようにしました。
05フィルム挟み
切り出しが済んだフィルムは、遮光性のある容器に納めておきます。

次は、裏紙作りです。
使用済みのブローニーフィルムの裏紙を用意します。(カメラ屋さんで貰いました)
それを製作図通りに切り出します。
06裏紙に番号
そして、コマ番号を1番から10番まで太字で書きます。
撮影してフィルムを送る時には、この番号をカメラの裏窓から確認する訳です。

最後に、裏紙の所定の位置にテープでフィルムを貼付けます。
これをダークバックの中で手探りでやるのは非常に難しいです。
事前に、明るい所で練習を重ねる必要があります。

苦労を重ねた末、何とか完成しました。
07タフパン100完成
白黒フィルムは、ネオパンとかコニパンとか呼ばれていました。
コニカのパンクロマチックフィルムの略ですね。
私の作ったフィルムを「タフパン100」と名付けました。
(中身は富士フィルムの”ネオパンACROS 100”です)

(2015.05.15追記)
後日、別の製作法も試してみましたよ。よろしければご覧下さい。

続く

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年10月24日

私とモンローのミノックスMinox

これまでは国産ミノックスのAcmel-Mを使っていましたが、
やはり本物のミノックスMinoxを買ってしまいました。
01Minox_TLX
機種名は、”Minox_TLX”です。
まあ、翻訳で読んでいた小説があまりにも面白かったので、
無謀にも原文に挑戦してみたくなったようなものです。

数ヶ月前にもそんな気分になって一度購入した事はあるのです。
でも購入直後に、十数枚写した時点でシャッターの異常に気づき、
返品返金対応となりました。
年代的に、故障箇所があっても何ら不思議でない品です。
でも、これに懲りずに再挑戦という訳です。
今回入手したものは製造年代が比較的新しく2001年でした。
機能的には多分問題ないはずです。

実は、購入候補はもう一種類ありました。
映画「死刑台のエレベータ」にも登場する"Minox A"という古い機種です。
50年ほど昔のビンテージものなので整備前提で購入する事になります。
(さすがにこれを自分で分解したら、壊す事は必至です)

ebayでこの機種を探していたら、面白い出物にぶつかりました。
02何と500万円のミノックス
一瞬、金額の桁が分からなくなりました。
「ん、50ドル? そんな安いはずはないだろう。
え〜! 5万ドルか。それって500万円じゃないか!」
一般の相場の2百倍です。

そしてよく見たら、次のような写真が付いていました。
03署名と顔写真
フィルム室に彫られた”M.M.”はマリリン・モンローのイニシャルです。
そして写真の右側には彼女自身のポートレートと、
彼女が撮影したと思われる写真が並んでいます。
何とこれは、彼女が愛用したミノックスと
"photographs taken by Marilyn Monroe"なのです。

私はマリリン・モンローのファンなんです。
映画もたくさん観ました。
俗にいうセックスシンボルとしての彼女ではなく、その虚像と、
演技派を目指し稽古に励む実像との乖離に悩んだ彼女に惹かれます。
もちろん前者にもとても魅力を感じますが。

とはいえ、いくら何でも500万円は出せません。
結局、今回は日和って、価格と性能を考慮した無難な選択をした訳です。

数ヶ月前に途中まで無駄にしたフィルムカートリッジを捨てずにいました。
それをTLXに挿入し直して、残り10枚分ほどを撮影しました。
そして、写るかどうかだけ確認できれば良いと思い、
カラーフィルムでしたが、白黒の自家現像でやってしまいました。

結果は、一応写りました。
カラーのISO400のため、粒子の粗さはやむを得ないです。
04img004

05img007
でも二枚目の「ちかんに注意」の文字もきちんと読めます。
50年前のモンローも小さなミノックスを手にして、
同じように撮影していたかと思うと嬉しいです。

ところで、本日ebayを確認したら、
まだモンローのミノックスは売れていないようですよ。
誰か500万円で買いませんか?

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2013年10月13日

kiku16のレンズをデジカメで使う

前回)の続きです。

キクkiku16の仕様は、ネット情報によると下記です。
・使用フィルム:ミゼット、マイクロ判 10枚撮り
・撮像サイズ:14mmx14mm
・レンズ:SM(シングルメニスカス) f=25mm、絞りF8固定
・シャッタースピード:インスタント(I)1/30秒、バルブ(B)
・ファインダー:透過式ファインダー

しかし、絞りとシャッターに関して、
私が手にして使ってみた感じでは、
絞りはF16、シャッタースピードは1/50程度です。

まあ、それだけアバウトなカメラという事です。
また、このカメラ、面白い事にレンズを回すと簡単に外れます。
01レンズ外せる

いたずら心がくすぐられます。
いずれフィルムを入れて撮影する予定ですが、
その前にレンズだけを試してみたくなりました。
取り外したレンズを加工して、
オリンパスPEN E-P3などのm4/3用ボディに装着できれば、
このレンズ単体の描写力が試せるはずです。
というのは、kiku16のフィルムサイズは「14x14mm」。
これに対して、m4/3のセンサーサイズは13x17mmなので、
真四角に切り出せば「13x13mm」となってほぼ同じ大きさです。

早速工作開始です。
ボディキャップに穴を開けてレンズの台座とします。
純正のキャップを加工してしまうと勿体無いので、安い代用品を使います。
下の写真、左が加工後の代用キャップ、右が純正キャップです。
02P9303434
このようにレンズが丁度はまる大きさの真円を開けるのは、
専用の工具を持たない素人には実に大変な作業です。
この穴開けの段階でほとんど挫折しそうでした。

次に、「絞り板」の作成です。
被写界深度を確保し、かつ光量を適正にするために必要です。
カメラ本体の穴の大きさを参照しながら三つ試作しました。
テスト撮影の結果、下の中央が良好でしたので採用決定。
03P9303438
絞り板の中央の小さな穴はドリルで開けました。

そして組み上げ前のパーツです。
04PA103565
左下から、レンズ・台座(裏面に絞り板を貼付け)・アダプタです。
このアダプタは、「Cマウント・m4/3変換アダプタ」というもので、
レンズとセンサー間の距離を調節するために使っています。
実際の手順としては、レンズを台座に嵌め込む深さを調節し、
更に、台座とアダプタの隙間を1/10mm位ずつ調節してピント位置を見ます。
デジカメは撮影結果をすぐ確認できるので便利です。

これが完成形です。
05DSC_1622
手作りの愛嬌があるでしょう?
嵩張らないので、キャップ代わりに付けたまま持ち歩くのも楽しいです。

これを作るのであれば、下の写真のボディキャップを買う必要はありませんでした。
純正のボディキャップレンズなので5千円もしました。
06DSC_1621

フード&フィルターを取付けると、「出べそ」レンズになります。
07DSC_1625

実写例を以下に載せます。
中央部の解像力は、50年前のトイカメラのレンズとは思えません。

明治通りを走る都電。
01PA033508
画面四隅のボケ方に注意!です。
さすが元祖トイカメラの味が出てます。

千登世橋風景。
02PA033512

鬼子母神風景。
03PA033526

千登世橋中学校の壁。
04PA033551

学習院下のマンションの前庭。
05PA033549

最後に夜景。サンシャイン遠望です。
06PA033553

続く

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)