2014年02月

2014年02月19日

世界初!キク16でカラー写真-2(KITTYカメラ)

前回)からの続きです。

キク16用のミゼット判フィルムを自作するには、
裏紙とフィルムを巻き付けるスプール(専用の軸)が必要です。
これは当然ながらもう市販されていませんので、
古い50年前のミゼット判フィルムをオークション等で入手してバラすか、
ミゼット判用のカメラ(普通これに一本付いている)を見つけなければなりません。
私は、たまたまオークションに出ていたカメラを格安で買いました。

届いたカメラをキク16と並べて見ました。
01
”KTTY MADE IN JAPAN”と印刷されています。
1940〜50年ころに日本で発売されていた”ヒットタイプ”と呼ばれるカメラの仲間です。

これには何故かスプールが二本入っていました。
01a
ラッキー!です。
前回の製作法でフィルムを切り出すと、一度に二本分でき上がるからです。

そしていよいよ撮影。
キク16の方は以前デジカメ用にレンズを改造して試したことがあります。
今回も、おもちゃカメラとしては随分しっかりとした写りです。

次の二枚がそれです。
02

03

そしてカメラを入手すると、どんなカメラでも写してみたいのが人情。
キク16とKITTYカメラの撮り比べをして見ました。
フィルムも二本作ったことですし。

まず「新井薬師道ガード」を
東側からキク16で
04
西側からキティーカメラで
05

このガードに隣接する「椿の坂」を
坂上からキク16で
06
坂下からキティーカメラで
07

結構な画質差がありますね。
でも昔のおもちゃカメラと思えば、KITTYカメラの色の滲み方も可愛い気がします。

ところでKITTYカメラで撮影した中に、赤色にカブってしまった画像がありました。
08
これは思い当たる節があります。
この手のカメラは、フィルム巻上げを手動で、裏蓋の小窓を見ながら行うのですが、
その時にこの小窓に直射光が当たってしまったのです。
小窓に嵌った遮光用の赤いプラスチックでも防ぎ切れなかったようです。
その僅かに射し込んだ光に、フィルは敏感に反応してしまいます。

その点、キク16は良くできています。
下の写真で左側がキク16、右側がKITTYです。
09
キク16には、コマ数確認が済んだら、小窓を塞いでおけるように、
スライド式のカバーが付いています。
これは初代機にはなく、私の持っている「キク16-Ⅱ型」で改良されたそうです。

さて、
世の中にはこのような所謂「サブミニチュアカメラ」を趣味としている方がいらして、
その方達のサイトで多くの情報を入手できます。
ミゼット判カメラとしても70種以上の名前がリストアップされています。
でも、何故かこの「KITTYカメラ」の情報は皆無でした。
どこが造ったのか、いつ発売されたのかも分かりません。
70種類のリストにも名前すら載せてもらえてません。
最初の写真に写っているように、MADE IN JAPANの表記があり、
間違いなく日本製のはずです。

”KITTYカメラ”で検索すると、「Hello Kitty ハローキティー」ばっかりでてきます。
こちらは1974年にサンリオが生んだキャラクターですよね。
我家の娘のグッズや服でたくさんお目にかかりました、というよりも買わされました。
最近はそのキティちゃんのデジカメもあるとのこと。
そうすると、私が偶然入手したこのカメラは、
キティーちゃんデジカメのお母さんでしょうか。
超レア物かも知れません。

ちなみにハローキティーには誕生日もあるんですね。
11月1日だそうです。さそり座だ!似合わな〜い

(終り)

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年02月15日

世界初!キク16でカラー写真-1

「キクKIKU16」というカメラがありました。
00正面
約50年前の子供用のおもちゃカメラです。
このキク16を現役に復活させるのが、昨年の私の大事業でした。

ところで、カラーフィルムが普及した頃は、
このカメラ、既にこの世から姿を消していました。
つまりカラー写真とは無縁のカメラでした。
今回、大事業の延長線で、カラーフィルムを自分で作り、現像もやり、
キク16でカラー写真を撮る世界で最初の人間になろうと思いました。
そして苦労の末、出来上がった一枚が下の写真です。
01
パーフォレーションの穴が上方に残っている理由は追々述べます。

フィルムの製作は、前回の経験をふまえて次のような方法としました。
(前回とは「キクKIKU16用ミゼットフィルムの製作」です)
ちなみに、キク16で使用するフィルムはミゼット判という規格です。

材料は下記のものを使いました。
02
左から、
1.裏紙切り出し用の使用済みブローニーフィルム
2.35mm用カラーフィルム
3.ミゼットフィルム用スプール
そして、一番右が完成品の「ミゼット判カラーフィルム」です。
ブローニーフィルムと比べると、随分大きさが違いますね。

フィルムの製作図は下記です。
03フィルム寸法修正値
裏紙の長さは40cm、正味のフィルムの長さは20cmです。

フィルムの切り出しには、下の写真の秘密兵器を使いました。
04
これは、元々は35mm用フィルムからミノックス用のフィルムを切り出す道具で、
フィルムスリッターと言います。
そのスリッターに、ミゼット判用のカッターを追加しました。
白い色の部分がスタイロで作った付加部分です。
底面の白色部分はベース、上の白色部分中央にカッターを仕込みました。

製作手順は以下の通りです。事前に練習しているところを写真で撮りました。
(もちろん本番はダークバックの中で行います)
・スリッターにフィルムをセットして、
左端のドラムにフィルムの端部をセロテープで止めます。
05

・フィルム面に刃を押し当てます。
底面のベースとで挟んでフィルムに切り込みを入れます。
06
次は側面から撮ったものですが、
カッターの刃先がフィルムに食い込んでいるのが見えます。
07

・そしてドラムを回して、フィルムを巻き取って行きます。
次の写真は巻き取り(切り出し)始めたところ。
08
フィルム幅の中央に切れ目が入っているのが分かります。
切り出したフィルムの幅は、数字上は17.5mmになります。
これは製作図で予定していた幅寸法に丁度良いはずです。
画面(14x14mm)の中にパーフォレーションの穴が掛かってしまいますが、
資源を無駄なく使ったことになるので、良しとします。

現像済みのフィルムの余りで試し切りをして、
スリッターの切り出し精度を確認してみました。
09
バラツキは±0.5mm程度でした。
これなら十分使えそうです。

そして出来立てのフィルムをキク16に詰めて、散歩がてら撮影してきました。
その撮影後のフィルムを現像タンクにセットし、定着まで済んだところが次の写真です。
10現像
一応、写っていそうです。世界初!感激の瞬間。

次は風呂場で乾燥させているところ。
11乾燥

今、リアルタイムでソチ五輪のテレビ見ながらこれを書いています。
羽生結弦が金メダルですって。
フィギュア日本男子初か。こちらはホントに凄い。

続く

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)