マミヤ16スーパーの分解修理無改造ベビーローライに35mmフィルム1

2015年07月13日

マミヤ16スーパーのピント調整

前回)からの続きです。

"マミヤ Mamiya 16 Super"の分解修理が済んだ(はず)。
01
固着していたヘリコイドも動くようになり、
ピントを無限遠に合わせれば、
この写真のように前玉もきちんと奥に引っ込みます。

以前は次のようにピンボケだった公園の写真も、
02最初のピンボケ
修理後の試写では、次のように改善しました。
03まだピンボケ
でも、これを「改善」と呼ぶか?
やっぱり、ピンボケはピンボケですよね。

真面目に再調整する必要があります。
それでフィルム面に白紙を置いて、
04
次のような装置を考えました。
05は1てん5フィート
カメラから1.5フィートの距離にペンライト置き、その光をレンズに向けます。
シャッターを開放にしたまま、胴体下部の穴から焦点面をチェックします。
06
その点光源の像が最小になるレンズ位置を、
距離指標の1.5フィートにセットします。

更に実写でチェックです。
今度は床に1フィートごとの数字を表示した紙を立てました。
07
この写真は女房が撮って、子供達にメール送付したもの。
亭主の気がふれた、とでも心配したのかな?
確かに、黙々と床に数字を置いていく男の姿って、何か不気味ですよね。

スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』では、
ジャック・ニコルソン演じる小説家ジャックがリゾートホテルに籠って、
黙々と同じ単語をタイプライターに打込む姿に、
ジャックの妻ウェンディが恐怖を感じるシーンがありました。
雪に閉ざされたリゾートホテルの美しい情景の中で、
少しずつ狂っていく小説家を演じるニコルソンが秀逸でした。
あれも、ウェンディが「夫はどんな小説を書いているのかな?」
という興味で、夫に気づかれぬよう机の上の原稿の束を手に取ったら、
すべてのページが"All work and no play makes Jack a dull boy."
のフレーズで埋め尽くされていたのでしたね。
私の女房も、恐怖を感じて子供達に助けを求めたのかも知れません。

その数字の列を、焦点位置を変えたカメラで撮影しました。
3フィートにセットして撮影。
08
[3]の数字にちゃんとピントが来ているでしょう?
次は6フィートにセットして撮影。
09
[6]の数字がきれいに見えています、OK。

調整済んだ"マミヤ Mamiya 16 Super"で再び試写しました。
10
最初の公園の写真です。やっとまともに写りました。
他の場所でもOKでしたよ。
11

12
そして、このカメラの最大の特徴、
小さいけれども焦点調節ができる機能を使ってみました。
「6フィート」にフォーカスレバーを合わせて撮影した次の写真。
13
近く(約2m)の鉄柵にピントが合って、遠景はボケています。
こんな写真を撮ることに何の意味もありませんが、それはさておき、
ミニカメラで、こういう写真が撮れるのは楽しいです。

ちなみに、つい先日、
もっと正統的なピントチェック方法も試してみました。
後日まとめてアップする予定です。(→2015/07/16アップ済み)

(続く)

toughchan at 00:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マミヤ16スーパーの分解修理無改造ベビーローライに35mmフィルム1