フィルムスリッター

2015年06月24日

ミノルタ16用フィルムの製作

前回)からの続きです。

01
この写真に写っているミノルタ16用のフィルムは、もう製造されていません。
ですので、今回ミノルタ16を使うために、フィルムを自作しました。
基本的には、市販の135フィルムの両端を数ミリ切り落とし、
中央部の16mm巾の部分のみ切り出すというオーソドックスな方法です。
その概要を述べます。

切り出し道具としてできるだけ鋭利なものが欲しかったので、
安全剃刀を買ってきました。Amazonにもありますよ。
02

その四隅の部分のみカットして使います。
03

下の写真で後方の「フィルムスリッター」は、
もともと"ミノックスMinox"フィルムを切り出すためのものです。
04
ここに写っている二つの白いブロックが、スリッターの自作替刃です。
スチレンペーパーを重ねばりして適度な厚さにし、
そこに剃刀の刃を差し込んで瞬間接着剤で固定しました。
刃の位置と数を変えることにより、自由な巾のフィルムが作れます。

試行錯誤の末に完成した替刃と、切り出しを待つフィルム。
05

替刃をこのようにフィルム面に押し付けるようにセットします。
06

裏から見ると、剃刀の刃の先端が次のように少し飛び出しています。
07

<ここから先は暗袋ダークバックの中で作業します>
このままクランクレバーを回してフィルム先端を固定したドラムを回転させると、
安全剃刀の薄手の刃のおかげで、きれいにフィルムが切り分けられます。
08

切り分けられたフィルム中央部の16ミリ巾の部分のみロール状にして、
カートリッジ(マガジン)の片方に詰め込みます。
先端はリーダー部として数センチ出したまま片方だけ蓋をします。
09

<ここからは明所での作業です>
フィルムの先端を「巻取りドラム」にセロテープで止め、
ドラムをカートリッジのもう片方に納めます。
10

蓋をします。
11
蓋が不用意に開かないようにセロテープを貼ると安心です。

さて、ミノルタ16シリーズの使用説明書には、
かつて市販されていた16mm巾のフィルムを買ってきて、
自分で詰め替える手順が載っています。
12
それによると、20枚撮りの場合は、
フィルム長さは18インチ(45センチ)だそうです。

でもダークバックの中で、所定の長さのフィルムを得るのは大変です。
私は逆に、切り出したフィルムの長さから撮影可能枚数を算出しています。
ちなみに、フィルムスリッターを3回転したときは次のようになります。
13
一目瞭然ですが、一応、解説すると、
フィルムは、ダークバックに入れる前に、既に8センチくらい感光しています。
(解説図でピンクに囲われた部分)
切り出したフィルムをロール状に巻いてカートリッジに納める時に、
感光してしまった側をリーダーにするとフィルムを無駄無く使えます。

もっとたくさん撮りたい場合はスリッターの回転数を増やして、
未感光部分を長くします。
そして、その長さ(ミリ)を16で割れば撮影可能枚数を算出できます。
(機種が16QTや16-MGSの場合は、イメージサイズが大きいので19で割る)
カートリッジをカメラにセットして、計算上の撮影可能枚数を撮り切った後は、
念のため更に一二枚「から写し」をします。

注)フィルムスリッターの詳細と、本来の使用方法に付いては
 「ミノックスMinox用フィルムの自作」をご覧下さい。

続く


toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年02月15日

世界初!キク16でカラー写真-1

「キクKIKU16」というカメラがありました。
00正面
約50年前の子供用のおもちゃカメラです。
このキク16を現役に復活させるのが、昨年の私の大事業でした。

ところで、カラーフィルムが普及した頃は、
このカメラ、既にこの世から姿を消していました。
つまりカラー写真とは無縁のカメラでした。
今回、大事業の延長線で、カラーフィルムを自分で作り、現像もやり、
キク16でカラー写真を撮る世界で最初の人間になろうと思いました。
そして苦労の末、出来上がった一枚が下の写真です。
01
パーフォレーションの穴が上方に残っている理由は追々述べます。

フィルムの製作は、前回の経験をふまえて次のような方法としました。
(前回とは「キクKIKU16用ミゼットフィルムの製作」です)
ちなみに、キク16で使用するフィルムはミゼット判という規格です。

材料は下記のものを使いました。
02
左から、
1.裏紙切り出し用の使用済みブローニーフィルム
2.35mm用カラーフィルム
3.ミゼットフィルム用スプール
そして、一番右が完成品の「ミゼット判カラーフィルム」です。
ブローニーフィルムと比べると、随分大きさが違いますね。

フィルムの製作図は下記です。
03フィルム寸法修正値
裏紙の長さは40cm、正味のフィルムの長さは20cmです。

フィルムの切り出しには、下の写真の秘密兵器を使いました。
04
これは、元々は35mm用フィルムからミノックス用のフィルムを切り出す道具で、
フィルムスリッターと言います。
そのスリッターに、ミゼット判用のカッターを追加しました。
白い色の部分がスタイロで作った付加部分です。
底面の白色部分はベース、上の白色部分中央にカッターを仕込みました。

製作手順は以下の通りです。事前に練習しているところを写真で撮りました。
(もちろん本番はダークバックの中で行います)
・スリッターにフィルムをセットして、
左端のドラムにフィルムの端部をセロテープで止めます。
05

・フィルム面に刃を押し当てます。
底面のベースとで挟んでフィルムに切り込みを入れます。
06
次は側面から撮ったものですが、
カッターの刃先がフィルムに食い込んでいるのが見えます。
07

・そしてドラムを回して、フィルムを巻き取って行きます。
次の写真は巻き取り(切り出し)始めたところ。
08
フィルム幅の中央に切れ目が入っているのが分かります。
切り出したフィルムの幅は、数字上は17.5mmになります。
これは製作図で予定していた幅寸法に丁度良いはずです。
画面(14x14mm)の中にパーフォレーションの穴が掛かってしまいますが、
資源を無駄なく使ったことになるので、良しとします。

現像済みのフィルムの余りで試し切りをして、
スリッターの切り出し精度を確認してみました。
09
バラツキは±0.5mm程度でした。
これなら十分使えそうです。

そして出来立てのフィルムをキク16に詰めて、散歩がてら撮影してきました。
その撮影後のフィルムを現像タンクにセットし、定着まで済んだところが次の写真です。
10現像
一応、写っていそうです。世界初!感激の瞬間。

次は風呂場で乾燥させているところ。
11乾燥

今、リアルタイムでソチ五輪のテレビ見ながらこれを書いています。
羽生結弦が金メダルですって。
フィギュア日本男子初か。こちらはホントに凄い。

続く

toughchan at 00:00|PermalinkComments(0)